東北被災地を忘れない!仙台⇒東京ロングライド後編 20140511

東北被災地を忘れない!仙台⇒東京ロングライド後編 20140511

忘れない!400kmリレーマラソンで東京から仙台までつないだ襷をバイク隊が再び東京へと繋ぎました

1日目の仙台・宇都宮から2日目の宇都宮・東京(入谷)のメンバーへ襷は繋がります。

レストランで朝食バイキングをいただいていると前日宇都宮で開催されたブルベ(400キロ長距離サイクリングイベント)に参加した友人が見送りに来てくれました。実はブルベと重ならなければこちらに参加していた方です。
その後宇都宮合流メンバーが集まってきました。みんな東京までのロングライドでスタミナ切れないようにしっかり食べてお腹いっぱいです。
140511-090431
140511-100507
140511-100724
襷を宇都宮からのメンバーに繋ぎ10時7分に出発し、国道4号線100キロポイントで参加者全員が円陣を組んで安全と小野照崎神社ゴールを誓いました。
140511-103258
140511-103325
11時23分に仙台から走り続けたメンバーの膝に痛みが起こりました。仙台から19時間が経過し距離は266kmですから膝も悲鳴を上げます。 「ここまで一緒に走ってきたんだ、全員ゴールも一緒だ!」と祈りを込めて氷で冷やしたところ走れるまでに痛みが和らぎました。襷は次のメンバーに引き継がれました。
140511-112700
しばらく走ると仙台→東京の350キロ間で唯一の甘味処となる間々田の和菓子屋さんに到着しました。ここの名物「てんこどら」は食べる価値がありますよ!、あんたっぷりで栗が丸ごと1個入ってます。
140511-121952
12時41分(289km)に栃木県から茨城県に入りました。朝食バイキングでいっぱいになったお腹もさすがにここまで走ると空いてきます。すぐにコンビニがあると思っていたのですがなかなか見つからず県境から6kmも走り13時(295km)にやっと昼食休憩。ドリンクやお弁当を買い和菓子屋さんでいただいたどらやきをいただきました。外は日差しが強くどんどん気温が上がっているのでイートインコーナーがあるのはうれしいです。
140511-133004
お腹も満たされ13時30分に襷を引き継ぎました。13時38分(297km)に利根川を渡り埼玉県に入りました。5月にしては日差し強く気温もさらに上がっているようで、腕はジリジリして汗が止まりません。春日部通過が予定時刻より30分程度早いため「熱中症に気をつけて休憩多めにしてゆっくり行こう!」と思いながら走っているとまさかのパンク。バイクが走る路肩にはいろんな物が落ちてます。タイヤには短い針金が刺さってました。みんなの協力で無事にパンク修理(チューブ交換)も終了。ついでに休憩をとり15時20分(319km)に襷が引き継がれ・・・と思ったら15時27分にまたまたもう一台がパンク(笑)。なれた手つきであっという間に修理は終わり15時43分(320km)に小野照崎神社に向けて出発しました。
140511-150002
140511-153820
140511-151937
真っ青な空、強い日差し、半袖の腕にジリジリと日差しが照りつける。草加辺りで休憩を予定していましたが相次ぐパンクで貯金を使い果たし下間久里通過がちょっと遅れの16時00分(325km)。ゴールの小野照崎神社まで残すところ25km。17時30分の到着を目指すため休憩はとらずに渋滞する車に注意しながら進みました。東武線の線路を6時49分(340km)にくぐり東京都入りました。
140511-164653
140511-170419
荒川、江戸川と大きな橋を渡り仙台からずっと走ってきた国道4号線に別れを告げて入谷駅から小野照崎神社への路地に入ると鳥居前で大きく手を振るバイク隊お出迎え隊の姿が!。涙がこみ上げてきました。時計を見ると17時31分(350km)で予定時刻のゴールでした。
140511-173014
140511-173253
境内に入ると、大きな横断幕に「バイク隊 ありがとう」の文字と駆けつけてくださったたくさんの方の姿が目に飛びこみました。その瞬間仙台からここまでの疲れが一気に吹き飛びました。
大事な襷はまらそんの会スタッフに渡されました。
140511-173405
そしてスタッフの方が用意してくれたフルーツとドリンクは、真夏の日差しの中を走ってきた体にやさしく潤いを与えてくれました。
140511-182512
神社内で行なわれた「忘れない!400キロリレーマラソン」の報告会は厳かで心に染み入り、全員が心地よい達成感に包まれてたことと思います。
140511-182806
たくさんの方の応援を受けて、たくさんのスタッフの方の支援をいただき、たくさんの仲間の協力によって、仙台から東京までのロングライドが現実となり、400キロリレーマラソンで東京から仙台に繋いだ襷をバイク隊が東京に持ち帰り輪の軌跡になりました。ありがとうございました。今年は試験的実施ということもありますが、被災地の方々への支援までには至りませんでした。来年は小さくても、すこしでも、なにかの力になれるよう工夫して開催したいと思っております。
途中コンビニで休憩していた際に地元のライダーとお話しする機会がありました。リレーマラソンと今回の試みをお話しするととても興味をもたれていました。区間をいくつかに分けて地元の方々の参加により襷を繋げられる仕組みにしたらさらに輪が広がりますね。

最後になりますが、仙台から東京まで車道を走りながらずっと歩道を見て、この歩道を「忘れない!400キロリレーマラソン」に参加されたみなさんは「どんな気持ちで。どのな想いを込めて、踏みしめていったんだろうと ・・・ 」。マラソンとサイクリングと手段は異なり、東京⇒仙台と仙台⇒東京と方向も逆になりますが、同じ道を同じ想いで走れた事に感謝!。

400kmリレーマラソン公式ブログ
『バイク隊到着!』
バイク隊のお出迎え隊から報告が届きました。仙台の勾当台公園で10日16:30に、400キロリレーマラソンのタスキを受け取ったバイク隊は、11日17:30に東京…
『お出迎え隊』
バイク隊を東京で出迎えた鹿野裕美さん(お出迎え隊長)からの報告です。———————– 私たちが走った東京―仙台400kmの足跡を…
『バイク隊からの報告』
400kmリレーマラソンのタスキを受け継いで、仙台から東京へとタスキを繋いだバイク隊。主催したやがみさんのレポートをご紹介します。1日目 http://pot…

GPS trackmap & profile

gallery & random 10-photo slidshow