KaTaBeRu Vol 10 「Pizzaと湘南麦酒とBICYCLE PLUS Vol.15!」

KaTaBeRu Vol 10 「Pizzaと湘南麦酒とBICYCLE PLUS Vol.15!」

3月26日発売のバイシクルプラス「BICYCLE PLUS Vol.15」でPoTaBeRuを紹介していただけるということで、いつもPoTaBeRuに参加してくれるライダーさんを急遽集まっていただき、ライターさんとカメラマンさんを囲んでKaTaBeRuを開催しました。
予定では、鎌倉集合で海岸線を走り、美味しいおやつをたべながらの取材・撮影を予定していたのですがあいにくの雨予報のため「PoTaBeRu BICYCLE PLUS Ride」から「KaTaBeRu Pizzaと麦酒と!」に変更となりました。おやつから麦酒へ(笑)!こんな柔軟な対応もPoTaBeRuの魅力?です。

話題はもちろん「今までのライドでどこが辛かった!」じゃないですよ・・・「楽しかった?」と「美味しかった?」です(笑)。
昨年の「雪の回廊渋峠」や「ぐるっと日光霧降」、灼熱の江戸川を大勢で走った「江戸川渡良瀬餃子付き」など、取材そっちのけで途絶えることがない楽しい会話で美味しい麦酒とピザをいただきました。

PoTaBeRuはグループでもなければチームもありません、一個人が自ら走って感動したコースや走ってみたい場所を探しライドイベントの企画実行を行っています。だから自由に参加できますが、自己責任での参加になります。自分の責任範囲は自分で対応し、一緒に走る方への気配りもできることが条件になります。その時その時に応じた参加メンバー同士の助け合いで楽しいライドが成り立っています。自由ということは、責任のと気配りがあって初めて成り立つものだと思います。

また、コミュニケーションはとても大事ですが走るためのイベントですから、おしゃべりよりも走る事がメインとなるようなコースで開催しています。このため1日の走行距離100キロ・獲得標高1,000メートル・8~9時間のライドをひとつの基準としていて「走る>食べる>話す」ぐらいの割合のイベントが中心です。みんなで頑張って走って、汗をかいて、励ましあって、素晴らしい景色で感動を分かちあって・・・・そして美味しい釜の飯を分け合うという流れができるように企画しています。

今回取材を受けてた「バイシクルプラス」は、今までの趣向から少し方向転換をして「自転車を楽しむ」に趣をおいた本になるそうです。ただ単に走るとか、ギアの紹介記事から、自転車を活用した様々な楽しみ方を紹介する本となるそうで、PoTaBeRuやKaTaBeRuの楽しみ方に興味を持っていただき、今回の掲載となりまいた。