国道標高No.3「いろはを上って金精峠!」 20160503

国道標高No.3「いろはを上って金精峠!」 20160503

降雪や凍結により冬期閉鎖されていた魅力ある峠道はゴールデンウィーク前に次々と解除されシーズンを迎える。日光から沼田に抜ける国道120号 金精道路も栃木県側は冬期閉鎖となっていたが4月25日(月)正午に規制が解除された。渋峠・麦草峠に次いで国道標高3位の標高1,843mを金精トンネルが貫く。

標高約543mの東武日光駅をスタートして日本ロマンティック街道を進み世界遺産の東照宮前を左折するといよいよ金精峠に続く国道120号線に入る。
みやげもの屋さんを抜けると長い長い上り坂が続く。勾配はそれほどでもないが直線で上っていくのは心が折れる。大きな沢と前方にそびえる日光の山々を眺め気を紛らわしながらしばらく上ると標高868mのうま返しに到着。いよいよいろは坂のスタートである。旧道にあたる第一いろは坂は下り専用、新道の第二いろは坂は上り専用となっているので左折して第二いろは坂へと進む。
ぐるぐると旋回しながら折り畳んだ道を上っていくと標高1,173mの黒髪平からはくねくねと上ってきた第二いろは坂を振り返りながら綺麗な山並みを見ることができます。

20160503

gallery & random 10-photo slidshow

GPS trackmap & profile