雪の回廊渋峠 20170422

雪の回廊渋峠 20170422

毎年恒例となった雪の回廊は、やはり日本国道標高最高地点と言うこともあり長くキツい上り、そして日常では見れない森林限界を越えた大パノラマの連続、その最後に現れる雪の回廊!。

今年は低温と風はありましたが天候恵まれ視界には延々と続く雪と青空の果てには残雪の山々はスキー場の中を走っているように感じる絶景ライドでした。何度も参加されている方にとっても今までにない「思い出のライド」、初めての方にとっては「驚きのライド」になったのではないでしょうか?。

お目当ての雪の回廊は殺生河原を越えた辺りからプチ回廊が時折現れ、山田峠を下った本命の回廊は例年1.5~2倍ぐらいの高さで圧倒される感動の雪溝でした。国道標高最高地点のモニュメントでの写真撮影も寒さで早々に引き上げ、極寒の中で渋峠ホテルに到着。高地で焼いた山のパン屋さんのパンと暖かいコーヒー、そして看板犬は冷えた体と心を癒やしてくれました。

下りは上り時よりも雲が切れて山々のパノラマがさらに大きく近づてたように見えてきれいでした。極寒の下りが終わって、たどり着いた先にはPoTaBeRu特設エイド?のアツアツ温泉饅頭で口の中は火傷(>_<)、湯畑の足湯で冷え切った足を温めて少し回復できました。

今年のサプライズとして上州湯ノ湖(品木ダム)を経由してみました。日中はお日さまに輝くエメラルドグリーンな湖ですが、夕方だったのでイマイチだったかな?。現在は噴火警戒で見ることはできない、場所的にも自転車では入れない白根山の火口湖「湯釜」を思わせる湖なので、その感動を少しでも!と今回コースに内緒で入れときました、もちろん上りのオマケ付き!。渋峠上りで疲れきった所でさらなる坂でお疲れさまでした(笑)。
ライドの〆は中之条嵩山の大きな鯉のぼり、今年も迫力ありましたね。気温が低く桜が咲いてなかったのがちょっと残念でした。

長野原草津口にほぼ予定時刻にゴール、お疲れさまでした。駅前店にお店はなく、佐長さんの好意でドリンクとつまみ類を車で調達していただきました。佐長さんありがとうございました。駅前に何かあれば良いのですが、有名な駅なのにお店が一軒も無いんですよね~。来年は坂で削ったお腹をたっぷり満たして電車に乗れるようキッチンカーでも呼びますか(^_^;)。

雪の回廊に加えて、PoTaBeRu 山のパン屋さん、鯉のぼりルート、草津温泉街と湯畑ルートなどを年々サプライズとしてコースに追加、今年は上州湯ノ湖を追加させていただきました。毎年ちょこっと進化のPoTaBeRuです(笑)。

そして今年は昨年参加された竹澤さんがお友達を連れて「タケベル?」として別グループ開催。出発もゴールもほぼ同じで抜きつ抜かれつのご一緒ライドで愉しさ倍増でした。まだ土曜日は都合が合わず参加出来なかった植木さんたちが翌日(今日)グループライドで渋峠にチャレンジ!。こうして渋峠ライドをたのしむ方が増えて行くにはとてもとてもうれしいです。竹澤さん、植木さん、ありがとうございました。また来年も見に行きましょう。写真は未整理でアップしてるので枚数多くピンぼけなどもありますが、良かったらご覧ください。

ほんとに沢山の方に集まっていただき、天候にも恵まれ、雪の中を楽しく走れて、今年も心に残る渋峠となりました。参加のみなさま、竹澤さんグループのみなさま、植木さんグループのみなさま、ありがとうございました。ごれからもよろしくお願いします。

gallery & random 10-photo slidshow

GPS trackmap & profile