1 topic

【中止】伊豆大島「御神火ライド」エントリー受付中 (7/31まで)

台風15号接近にともない先ほど公式ホームページで開催中止のお知らせがありました。
楽しいしていたみなさま、残念です。来年に期待します。

今年で3回目を迎える伊豆大島のサイクリングイベント「御神火ライド」は9月8日の開催。

参加ガイド
「伊豆大島御神火ライド2019」の参加者向けに大会当日までの手順を詳しくご案内。

伊豆大島はPoTaBeRuで2回、トライアスロンボランティアで1回訪問していますが、大島一周道路を走ってぐるっと島内一周、素晴らしい海の景色が望めるとともに、それなりに上りもありとても充実じたコースです。

また、三原山へのルートは元町港からのスカイライン、空港からの三原山登山道路、大島公園からのあじさいレインボーラインの3コース、中でもスカイラインは10%勾配が続くヒルクライムには最適なコースで、途中振り向くと眼下には元町港と美しい海が一望できますので・・・脚付きの言い訳もばっちりです。さあみんなで脚付きながら景色楽しんで上りましょう。

みんなで伊豆大島の自然を全身で感じて「ジオパークライド」を楽しみましょう。

「御神火ライド」の2コースをPoTaBeRu的に分析してみました。どちらも比較的ゆっくりしたスピードで計算、エイドでの休憩もたっぷりとっています。また観光スポットでも写真を撮ったりして楽しめる時間的余裕はとれると思います。参加を考えている方、ボランティアを予定している方の参考になれば幸いです。

【御神火チャレンジコース】

【大島ぐるっと一周コース】

【公式HPはこちら】

ホーム
「伊豆大島御神火ライド2019」は2019年9月8日、東京都の一番近い島「伊豆大島」を舞台に開催されるサイクリングイベントです。

【SANKEI DIGITAL Cyclist 特集記事】

グルメ三昧の「伊豆大島御神火ライド」 カツオバーガー、くさやピザなど新メニュー決定 | Cyclist
 東京の離島、伊豆大島を舞台に9月8日(日)に開催されるロングライドイベント、「伊豆大島御神火ライド」のエイドステーションで提供されるグルメラインナップが決まりました。伊豆大島定番土産の「牛乳せんべい」や、地元の名産品を使った料理が振舞われるほか、新メニューも登場します! 大会の申込は7月31日(水)まで受け付けています。 各エイドの食事をボリュームアップ!  今年の御神火ライドはエイドの食事がボリュームアップ。島一周を満喫しつつ、伊豆大島ならではのグルメを沢山用意しています。各エイドでは新メニューが追加されていますよ!  御神火キャンプの拠点、トウシキキャンプ場からほど近い第1エイド …
大型船?それとも高速船? 9月8日「伊豆大島御神火ライド」モデルコース | Cyclist
 伊豆大島が舞台のロングライドイベント「伊豆大島御神火ライド」(9月8日開催)は、東京から一番近い“島一周”ライドを満喫できるほか、島へ渡るための船旅も魅力の一つです。「三原山」「裏砂漠」といったダイナミックな自然や、地元グルメなど観光も楽しめるので、時間に余裕をもって伊豆大島に渡るのがおすすめです。伊豆大島御神火ライドへ参加するとどんな旅になるのか、モデルコースを紹介します。 「伊豆大島御神火ライド」関連記事一覧 プラン別大島の楽しみ方  夜間の大型船と日中の高速船、ご利用される船によって伊豆大島への到着時間が異なります。利用する船に合わせたタイムスケジュールで、伊豆大島御神火ライド …
名物「牛乳煎餅」を作る第60代ミス・高田ほたるさん「伊豆大島は気持ちをリセットできる場所」 | Cyclist
 9月7、8日に開催する「伊豆大島御神火ライド2019」(以下、御神火ライド)に向けて、地元の人が伊豆大島の魅力について語る連載「『御神火ライド」』のここがすごい!」。「“ひとり”大島じてんしゃ協会」の代表、寺本雄一郎さんに続く3人目は、第60代ミス大島の高田ほたるさん(28)です。生まれも育ちも“大島御神火”のほたるさんは、創業64年目を迎える大島名物・牛乳煎餅を販売する「えびす屋土産店」の看板娘。昨年の御神火ライド出場を機に、初めてスポーツバイクに乗って大島を一周したほたるさんに、地元の人が感じた「自転車で走る大島の魅力」を伺いました。 ⇐<2>寺本雄一郎さん「自転車だから体感でき …
大島じてんしゃ協会代表・寺本雄一郎さん 「自転車だから体感できる大島がある」 | Cyclist
 9月7、8日に開催する「伊豆大島御神火ライド2019」(以下、御神火ライド)に向けて、地元の人が伊豆大島の魅力について語る連載「『御神火ライド」』のここがすごい!」。三辻利弘町長に続く2人目は、「“ひとり”大島じてんしゃ協会」の代表、寺本雄一郎さん(45)です。オンシーズンになると、朝練で島一周してから大島役場に出勤するというスーパーサイクリスト職員。御神火ライドの誕生も支えた、大島輪界を背負って立つ“漢”に、サイクリングアイランド伊豆大島のダイナミックな魅力をアツく語ってもらいました。 大島を楽しく走りたくて“協会”発足 ─寺本さんが大島でロードバイクに乗り始めたきっかけは? 寺本 …
三辻利弘・大島町長インタビュー 「伊豆大島を本気で“サイクリストの聖地”にしたい」 | Cyclist
 9月7、8日に開催する「伊豆大島御神火ライド2019」(以下、御神火ライド)のエントリー受け付けが始まりました。近年、サイクリストの間で人気が高まっている伊豆大島。足を踏み入れたことはないけれど、実は気になっているという人も多いのではないでしょうか? そこで伊豆大島をよく知る「島の人」に、それぞれが思う島の魅力を語っていただきました。トップバッターは大島町の三辻利弘町長。伊豆大島を本気で「サイクリストの聖地」にしたいと考えている、心強い島の長です。 地元住民も歓迎ムード ─「御神火ライド」が今回で3回目の開催となります。 三辻町長 2016年にアジア自転車競技選手権大会と全日本自転車 …
編集部のイチオシ記事「御神火ライド1000円OFFの早割は6月10日まで」など 6月1~7日掲載 | Cyclist
 『Cyclist』に掲載された今週のイチオシを編集部員のコメントとともに紹介する週刊「エディターズ・チョイス」。6月1~7日からは「『伊豆大島 御神火ライド2019』早割締め切り間近! サイクルジャージ&キャップも販売中」など5本を紹介します。 編集長 澤野健太のイチオシ記事 「伊豆大島 御神火ライド2019」早割締め切り間近! サイクルジャージ&キャップも販売中  9月8日に開催される「伊豆大島 御神火ライド2019」の早割エントリー締切(6月10日)まで残りわずかとなりました。早割期間中に申し込むと通常価格より1000円お得に参加できます。今年は新たな企画として「御神火キャンプ」 …
「伊豆大島 御神火ライド2019」早割締め切り間近! サイクルジャージ&キャップも販売中 | Cyclist
 9月8日に開催される「伊豆大島 御神火ライド2019」の早割エントリー締切(6月10日)まで残りわずかとなりました。早割期間中に申し込むと通常価格より1000円お得に参加できます。今年は新たな企画として「御神火キャンプ」を追加。大会限定アイテムとしてサイクルジャージとキャップも販売中です。島特有の気候の中でおもいっきり自然を体感しながら走ってみたい方は是非、この機会にお申し込みください。  「御神火キャンプ」はアウトドアメーカー協力のもと、スタート地から約20km離れた浮港近くのトウシキキャンプ場でテント泊が体験できます。Cyclistの連載『ツーリングの達人』でお馴染みの山下晃和さ …
伊豆大島御神火ライド大会公式ジャージ 「あんこさんなりきりジャージ」に決定・発売開始 | Cyclist
 『Cyclist』がプロデュースする「伊豆大島御神火ライド2019」(以下御神火ライド、9月7、8日開催)の大会公式ジャージをめぐる読者アンケートの結果がまとまりました。今年の公式ジャージに選ばれたデザインは、伊豆大島の「あんこ」さんの絣(かすり)の着物をモチーフにした「『あんこさん』なりきりジャージ」。5月10~13日までの4日間で寄せられた148票のうち46票を獲得し、堂々のトップに輝きました。大会公式ジャージの受注販売は本日5月24日より開始します。老若男女問わず、皆で「あんこさん」になりきって御神火ライドを走りましょう。 「伊豆大島御神火ライド」大会公式ジャージの購入はこちら …
読者が選ぶ「伊豆大島御神火ライド2019」公式ジャージ あなたが着たい一着は? | Cyclist
 9月7日(土)、8日(日)に開催される『Cyclist』主催「伊豆大島御神火ライド2019」では、「読者が選ぶ御神火ジャージ」と題して大会公式ジャージのアンケートを実施します。『Cyclist』編集部員5人がデザインしたジャージのうち、アンケートで最も得票数が多かったものを大会公式ジャージとして認定・発売します。あなたが「これを着て御神火ライドに参加したい」と思うジャージを1つ選び、それを選んだ理由も教えてください。回答いただいた方の中から、抽選で3名様に栗村修さんの直筆サイン入り著書『速くなる! 栗村修のロードバイク「輪」生相談』(洋泉社刊)をプレゼント。アンケートの投票は5月13 …
「伊豆大島 御神火ライド2019」が9月8日開催決定 お得な早割エントリーが受付開始 | Cyclist
 東京から一番近いサイクリングアイランド、伊豆大島を一周する、『Cyclist』がプロデュースするライドイベント「伊豆大島 御神火ライド2019」が、今年は9月8日(日)に開催される。大会公式ウェブサイトが5月7日にオープンし、参加エントリーの受付も開始。6月10日(月)までの申込みは参加料が1000円割引となる、お得な早割キャンペーンを実施中だ。前回参加した人向けには、さらに500円割引となる前回参加者割を用意する。 “東京都”の楽園、都心から高速船でわずか1時間45分  伊豆諸島で最も本州に近い伊豆大島は、東京都心から高速船でわずか1時間45分に位置し、住所も「東京都大島町」という …