ツール・ド・三陸 ~サイクリングチャレンジ2021~ in りくぜんたかた・おおふなと⇒一ノ関 20211031

「ツール・ド・三陸」は10回目の開催、昨年はコロナ感染症拡大のため開催中止となり2年ぶりに参加して陸前高田/大船渡をみんなで走る事が出来ました、ホント開催できてよかった、8月から10月に延期された時は正直当時の感染者数から「10月に先送りしても無理だろう」って半分諦めながら新幹線と宿をを予約した。

参加者の皆さんと新しくできた松原運動公園をスタートして、箱根山を上ってコース延長された大船渡湾へ、例年のコースに戻って碁石海岸エイドで美味しいホタテ入りおやきで脚力回復、広田半島を巡りおばあちゃんズに大野海岸、民宿志田さんの大漁旗に元気をもらって、広田漁協で蒸し牡蠣と牡蠣ご飯でお腹を満たし、最後は公園が整備された奇跡の一本松とユースホテルを巡ってゴール。この時期三陸を走るのは初めて!、紅葉がきれいで新鮮でした、土地のかさ上げ工事はだいぶ進んだ感がありますが湖岸工事や道路整備はまだまだですね。

開催出来ただけで参加者のみなささま、地元のみなささま、スタッフのみなささまに感謝です。でもゆめちゃんの応援が無くてがっくり!、選挙投票にビューんしてたのかな?。

何よりも今まで工事個所が多くてなかなか自転車では近づけずに遠くから見る事しかできなかった「ゆめちゃんのお家(奇跡の一本松)」や防潮堤の上を歩き立派な献花台で手をあわせることが出来てホントよかった。大規模に張り巡らされたベルトコンベヤーでかさ上げ工事が進んでいた中にあった慰霊碑からとても立派な津波伝承館へと変わり新しい人が集まる街が出来ていた。

来年はコロナの心配が無くなって以前のようにゴール後に会場で焼きホタテ食べて乾杯したいねぇ~、コロナ落ち着け〜。

ゴール後は帰宅の準備して、いざ出発!と同時に「中締めするので集まれ!」のアナウンス。ゲストライダー日向さんの中締めを振り切り一ノ関に向けて出発、日没前にはループ橋を越えないと寒くなるし新幹線間に合わない。参加費でもらった商品券は和菓子「小泉屋」さんで羊羹とゆべしに交換、「重いよ~」っておばちゃんに言ったら「美味しいからこれくらい大丈夫」と励まされ。ハロウィン衣装の重さが更に重くなったリュックを背負って1回から10回のツールド三陸振り返りながら一ノ関に向けてソロライド。

29日朝に仙台を出発して31日の一ノ関に到着まで2泊3日で448㎞/6360mUPとたっぷり走ってしっかり上って充実した3日間のライドでした。

random10 slidshow & photo gallery
gps trackmap & profile
合計距離: 128218 m
最高点の標高: 432 m
最低点の標高: 1 m
累積標高(上り): 2012 m
累積標高(下り): -2017 m
平均ペース: 22.44 km/h
平均気温: 14.6
総所要時間: 12:53:47

【ツールド三陸マウンテンコースの実走GPSログ解析】